docomoのiPhone6

「ドコモのひとり負け」と今まで、多くのメディアに言われ続けてきたドコモでしたが2013年よりiPhone5s/5cを発売し、他携帯キャリアとの勝負にでたことでも話題を多く呼びました。ドコモからも次期発売が予定されているiPhone6は、発売されるといわれています。ドコモは、2014年の夏よりLTE回線を使用した高音質通話サービスVoLTEを開始したと同時に、「どこにでも電話をかけ放題プラン」などのお得な新プランを作るなどして、新しい消費者ユーザーを獲得しているといわれています。スマホの普及によりIP電話アプリ(無料通話アプリ)やFaceTimeオーディオの無料通話が一般化されている中で、自社の回線を現在既存しているものよりも高音質に調整し、通話を提供する方法を実行しました。減少している音声通話収入の改善に繋げることが狙いとされており、多くのメディアに現在、注目されています。

この高音質通話サービスVoLTEが今後もっと普及するためにも、ドコモから発売されることが予定されているiPhone6は、さらに機能が向上する可能性が高いとされています。現在、他携帯キャリアよりも支持率が低く、「値段が高い」などの不満の声が消費者より多くあげられているドコモですが、iPhone6発売後は、新プランなどを使用することにより「安く品質の良いスマートフォン」として多くの人々に愛用されるのではないかといわれています。VoLTEは、料金体系についても発表がされていないため、現在の料金よりも安く使用をすることができる可能性が高いといわれています。携帯電話からスマートフォンに以降が開始した直後からひとり負けの状態が続いてしまったドコモですが、今後は、この新サービスや新プランにより、以前のように勝ち企業として、他携帯キャリアと平等に戦うことはできるようになるのでしょうか。そのような点にもドコモから発売されるiPhone6には注目が集まっています。

SoftBankのiPhone6

iPhone6を「早く確実に手に入れたい!」と考えた場合、おすすめなのがソフトバンクオンラインショップでの予約購入です。iPhoneシリーズは、店舗で購入をする場合”在庫に限り”があることから長蛇の列に並び、何時間も待たなくてはなりません。また在庫が列に並んでいる途中で無くなってしまった場合、購入をすることができないことはもちろん並び損となり結果的には、時間の無駄となってしまうのです。このようなことを避けて効率良く確実にiPhone6を手に入れるためにもおすすめなのが、ソフトバンクオンラインショップです。近年発売されているiPhoneシリーズは、発売日の1週間前より予約を開始しています。iPhone6もこれらのiPhoneシリーズと同様で予約開始となる期間は、予測ではありますが”発売日の1週間前”である確率が非常に高いとされています。

そのため確実にiPhone6を手に入れるためには、ソフトバンクオンラインショップにて予約開始日となる発売日の1週間前の日に、予約を行えば良いのです。このソフトバンクオンラインショップは、操作方法もとてもシンプルで簡単なものとなっているため、仕事の空き時間や通勤・通学の際の移動の時間などに片手間として行うことができます。そのため早朝や深夜から店舗前に出向き並ぶ必要もないのです。まずは、iPhone6の発売日や予約日が確定する迄の間は、毎日ソフトバンクオンラインショップを毎日覗いてみるようにしましょう。そして予約が開始したと同時に、予約手続きを行えば、確実にそして簡単にiPhone6を購入することができるでしょう。また世界的に人気の高いスマートフォンシリーズであることからiPhone6の予約受付開始の初日は、回線が混雑することが予測されます。できる限り、予約受付開始となる時刻にアクセスをして予約手続きを行うことをおすすめ致しますが、無理に焦らずとも購入はできるものと思いましょう。

auのiPhone6

iPhone6発売に先駆けて、オンラインショップ予約に力を入れているソフトバンクや新無料通話プランや音声通話機能の向上を行っているドコモ、この2つの携帯キャリアと比較して、iPhone6の予想されている発売日が近づいているのにもかかわらず特にこれといった動きがないau。今まで「負け」の状態が一切なかった、auですが今期発売が予定されているiPhone6では、ついに負けの状態が訪れる可能性が高いとされています。年齢に特化した割引制度などを他携帯キャリアよりもより早く行い、低年齢の層はもちろん、高年齢層、その家族などにも割引を適用させ、多くのユーザーを取得したauでしたが、近年このような年齢に特化した割引制度は、全ての携帯キャリアが実施しており、「auだから」という特徴が消えていることも現在目につきやすくなっています。またauは「電波も普通」と消費者であるユーザー側からの感想もイマイチなことが特徴となっています。無個性に等しくなっているauですが今後は、iPhone6の発売と同時にどのような動きをするのでしょうか。

そのようなiPhone6発売後の動きに関しても多くのメディアやモバイル業界人から注目され話題となっています。そしてau版iPhone6は、他携帯キャリアと比較した際にメリットがあるのかということについて等も期待されています。一切「負け」の状態がなかった携帯キャリアだからこそ、今回のiPhone6ではひとり負けとなってしまう可能性があります。しかしauには、既存のユーザーが多数います。このユーザー達がiPhone6に機種変する可能性が高いとされています。ですがこのユーザー達が他携帯キャリアに移動してしまった場合やアップルオンラインストアより購入をすることができるSIMフリー版のiPhone6に移動してしまった場合、結果はどうなってしまうのでしょう。既存ユーザーに対しての割引サービスなどがない場合、auは今後始めての「負け」の状態を経験してしまう可能性があります。